<   2011年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

3月17日

夕飯のあと18時半ころ、母から「またまろんが少しおかしい」と連絡があり
20時少し前にお店を閉めて帰ったのですが、
やはり前回と同様、四肢が冷たく、歯ぐきも白く、息も荒かったので
磯子の病院へ連れて行きました。

その日はちょうど担当の先生が当直で診て頂けたのですが
今回はおそらく内臓から出血ではなく
腹水か、
もしくは内臓の腫瘍が大きくなりすぎて他の内臓を圧迫し呼吸が荒くなっているか、
もしくは夕飯を食べた時に胃に血液が集中してしまうため、他の臓器に血液がいかなくなり
呼吸が荒いのか・・
お腹にエコーを当てるのも痛そうなため、きちんと診れないようでした。

とりあえずステロイドと強心剤を点滴してもらって様子を見ることに。

朝方になると少し元気になり、元気になるとやはり家に帰ろうとふらふらと立ち上がる。

先生は
「今後、病気自体が良くなることは無いので、飼い主さんの選択に任せるしかない」と仰いました。
このままずっと入院するか、なるべく家で過ごして今回のように具合が悪くなるたびに連れてくるか・・二つに一つだと。
「まろんのお腹の中を見たら、他の子だったらもうとっくに亡くなっている状態です」と。

何の躊躇もなく、連れて帰ってきました。
好きなものをたくさん食べて、安心して眠って、家族と一緒に過ごす。

もしも次の発作が起きた時に病院に連れていくのが間に合わなくても
家にいる方がまろんにとってはきっと嬉しいことだと思うから。

今、家ではほとんど眠っていますが、食欲だけは有り余っています。さすがうちの子です。
b0111695_16123187.jpg

               可愛い口っ!!(親ばか)
b0111695_1615336.jpg
b0111695_16152473.jpg


b0111695_16154535.jpg

[PR]
by tensi-to-sweets | 2011-03-22 16:12

また入院でした

昨夜20時過ぎに、母から
「まろんの様子がおかしい。すごいハーハー言って苦しそう」と連絡があり
お店を閉めて大急ぎで帰ると、
少しだけ落ち着いた感じだったけど立ち上がったりすると
今までにないくらいものすごく苦しそうだったので磯子の病院へ。
21時半過ぎに着きました。

とりあえず点滴を受け、血液検査やエコーなどを撮った上で
下腹に針を刺してみると、腹腔内出血しているということでした。

歯ぐきも、目の横のイボも、心なしか鼻までもが蒼白・・・腹水もたまっていたようです。

お腹の中で何かが破けて出血していて、そこに血液が集中し
心臓や他の臓器に血液が行き渡らず、貧血状態になり、このままだと命の危険があるといわれました。

点滴で赤血球(?)を補って
うまくいけば他の臓器へ血液が行くようになるということで処置をしてもらいました。

無理やり膝枕で点滴中。
b0111695_1965770.jpg

気づく限りでは、気を失ったりはしていないと思うのだけど
少し意識が朦朧としているようでした。

姉が0時頃到着しましたが、
点滴が効いたようでその頃には少し落ち着いてきました。

先生も、とりあえずは安心だと。

徐々に血圧も安定し、歯ぐきの白かったのもピンクに戻り
息も穏やかになってきて、朝方には自分で歩いておしっこやうんちもでき
お水もいっぱい飲むようになりました。

お腹の中で出血・・
いざという時のことも考えないといけないかも・・
安楽死も・・

いろんなことが頭の中でぐるぐる回り
つい昨日までまろんとくっついて寝息を聞きながら眠ってたことや
おやつをしつこく催促するまろんの顔や
たま~にものすごく甘えてくるまろんの変な表情などが次々と浮かんできて
まろんがいなくなるなんて信じられないけど
いつかはいなくなる時がくるのだから
嫌でも、辛くても考えないといけないのだなと思いました。

とりあえず今回は一晩の入院で済み、今日退院します。
でも、絶対安静です。

まろんは末期がん(おそらく肝臓の半分以上がおかされている、と)なのだけど
エコーで内臓を診た先生(担当の先生は夜勤では無かったので、違う先生)は
「まろん、がんばってるなぁ。(内臓の状態からみると、信じられないくらい元気だと)」って。

まろん頑張ってます!
[PR]
by tensi-to-sweets | 2011-03-10 19:40